知りたい・学びたい

しが介護職員定着等推進事業者登録制度

1.登録制度の趣旨

 滋賀県では、介護人材の確保・定着・育成に向けて、働きやすく、将来に希望を持って働いていただけるよう、労働条件の整備などに積極的に取り組む事業者を登録・公表する制度が平成30年10月からスタートしました。

2.対象事業所

 滋賀県内に所在する県または市町の指定を受けた介護保険サービス事業所

3.登録要件

(1)県内で介護保険サービスを経営していること。

(2) 介護職員処遇改善加算Ⅰを算定していること。

(3) 次の資質向上要件を満たすこと。

  ①介護職員の資質向上に向けた研修の受講支援制度(代替職員確保含む)や複数事業者の共同による採用・人事ローテーション・研修のための制度を有している。

  ②研修受講等と連動した人事考課制度を有している。

(4) 次の労働環境要件のうち、いずれかを満たすこと。

  ①次世代育成支援対策推進法第13条に基づき、基準に適合する一般事業主の認定を受けている。

  ②以下の要件のうち、4項目以上を満たすこと。

   A.メンター制度を導入している。

   B.年次有給休暇を計画的に付与する制度を有している。

   C.年次有給休暇を半日単位および時間単位で取得できる制度を有している。

   D.有給である複数の特別休暇制度を有している。

   E.所定外労働時間の縮減に努めている。

   F.ICT活用による業務省力化や負担軽減に向けた介護ロボット、リフト等の導入。

(5) 全介護職員(無資格者含む)に「介護福祉士等の届出制度」への届出を勧奨していること。

(6) 介護職員のチームリーダーを配置し、処遇評価を行っていること。

4.登録により期待される効果

(1)求職者への効果

働きやすい環境の整備に積極的な事業者として求職者が就職先を検討する際の参考情報とすることで、雇用のミスマッチを防ぎ早期離職の防止を図るとともに、事業者の積極的な取組を促進することにより、従業者のワーク・ライフバランスやキャリアパスの充実を図る。

(2)事業者への効果

介護職員の処遇や勤務環境の改善に積極的に取り組む事業者のPRを通じて、事業者の一層の取組の推進や、まだ取組が進んでいない事業者の新たな取組の喚起を図ることにより、介護業界全体のイメージを向上させ、学生や転職者など幅広い人材の確保を促進する。

しが介護職員定着等推進事業者登録制度登録事業者一覧 滋賀県