知りたい・学びたい

仕事・資格の種類

福祉の仕事

 資格がなくても働ける福祉の仕事はたくさんあります。しかし、専門的な知識や技術を身に着け、資格を取得することで、福祉の専門職として就ける仕事の種類や活躍できる機会を大幅に広げることが可能です。自分のやりたい仕事には、どんな資格があるのか、調べてみましょう。

仕事の種類・資格の種類

保育の仕事

 子どもや保護者との関わりを通じ、子どもたちが基本的な生活習慣を身につけることや社会性を養うことをサポートする仕事です。

→保育の仕事について

相談・援助・調整の仕事

高齢者や障害のある方、病気がある方、子どもやその家族などの相談にのって、相談者にアドバイスをしたり関係機関との調整を行う仕事です。

→相談・援助・調整の仕事について

運営・管理系の仕事

福祉のサービスを必要としている人が、そのサービスを便利に気持ちよく利用できるよう、施設で働く人をリードしたり、経理や設備などを管理する仕事です。

→運営・管理系の仕事について

福祉行政系の仕事

国や地方自治体が行う社会福祉サービスの相談機関などでの仕事です。福祉事務所、児童相談所、婦人相談所、身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所などがあります。

→福祉行政系の仕事について

市町社会福祉協議会の職員

福祉サービスの企画実施や相談活動、ボランティア活動や市民活動の支援など、福祉のまちづくりの実現をめざした多岐にわたる仕事です。

→市町社会福祉協議会の職員について